目の中にあって物を見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素「ルテイン」。

この「ルテイン」を紫外線や様々なストレスから守り、目を保護するレンズが開発されました。

その名も「ルティーナ」です。

緑黄色野菜、とりわけ、ほうれん草やブロッコリーなどの緑色の野菜に多く含まれているルテインですが、食事による摂取以外では体内で生産することができません。

この限られたルテインを外からの有害な光から守ることが、今重要視されています。

眼の酸化ストレスの原因でもある青色光(HEV)をしっかりカットすることで、眼の中にあるルテインを保護する、それによって眼の老化防止や加齢黄斑変性の予防に繋がっていきます。

405nmの青色レーザーポインターで転写すると、効果は一目瞭然!


ルティーナ

      通常の紫外線カットレンズ