「認定補聴器技能者」とは


補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、厚生労働省の指定法人である財団法人テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。

資格を得るには4年間の養成課程プログラムを受け、その後認定試験に合格することで取得できます。また、資格取得後も5年間の集合講習が義務付けられています。

 

補聴器を扱う上では耳に関する医学的知識も必要になりますので、認定補聴器技能者は耳鼻咽喉科医との連携を持っています。

 

 

補聴器を販売するには、豊富で幅広い知識と長い実務経験から培った確かな技能を持つ者(認定補聴器技能者)が在籍していることと、テクノエイド協会が定める補聴器業務運営基準に適合した店舗(認定補聴器専門店)であることが重要になります。

 

当社はお客様に安心して補聴器をお求めいただけるよう、補聴器取扱各店に認定補聴器技能者、また技能者の指示のもと経験豊富なスタッフがお相手させていただくようにしております。

補聴器の購入を考えたら、まずは耳鼻咽喉科医(補聴器専門医)へ「きこえ」の状態をチェックしてもらい、難聴の原因や程度を知っておきましょう。

ご来店いただいてからは、カウンセリングを経てきこえの測定、機種の選択・調整を行い、補聴効果の確認(試聴)をしていただきます。

補聴器を着けた時の音の感じ方、きこえ方は一人一人全く異なります。その方の生活環境・使用目的を細かくお聞きして、最良の補聴器をご提案できるよう技能者・スタッフ一同努めております。