あめ市

今年も1月11日(土).12(日)と、あめ市が松本の市街地で行われています。

 

今日は中町通りや縄手通りなどの出店で飴やだるまが売られたり、商店街も活気に満ちています。

明日は様々なイベントがあるようで、沢山の人が観光に来るでしょう。

 

中町の蔵シック館では全国あめ博覧会・展示即売会も行われていて、外では甘酒も販売していました。 甘酒いいな~。

女鳥羽川の河川敷では、三九郎の準備がされていました。

正月飾りやだるま、書初めなどを焼いて無病息災でを願うこの伝統行事も、年々規模が小さくなってきているようです。

ただこういった昔からの風習って大事にしなきゃなって思います。もしなくなってしまったら一年のメリハリみたいなものも、ほとんど感じなくなってしまいますよね。

メガネを掛けている方は、三九郎では火に近づき過ぎないようにして下さいね。

レンズの表面が熱でダメになってしまいますので(汗)。

この時期、そういったお客様が多くみられます。