メガネの産地 鯖江

日本のメガネの約9割は、福井県鯖江市で作られているのを皆さんご存知ですか?

 

今回、会社の代表数名で「めがねの産地さばえ」へ工場見学に行ってきました!

駅前には早速メガネの地アピールの看板が。鯖江市で働いている人の6人に1人はメガネ産業に従事しているということを聞いて、とても驚きました。

 

その前に…向かう途中で新幹線に乗りました!

多分私、新幹線に乗るのは初めてでして…。(忘れっぽいのでもしかしたら乗ってるかも知れません笑)座席にコンセントもあるんですね!へぇ~。

やはり早くて便利だな~と。松本-東京もあればホント楽なのにと思いました。長野方面の方々が同じ県民として羨ましい。笑

現地では各社工場見学や、「めがねミュージアム」なる建物の中で実際にメガネ作りを体験したりと、とても楽しく且つ勉強になる有意義な時間を過ごさせていただきました。

細かな内容は、後日体験記なるもので紹介したいと思います!

いつも何気なく使用しているメガネですが、出来上がるまでには沢山の工程があり、人の手が掛かる商品なんだな~と改めて思いました。

考えてみたら、メガネは毎日使うもの。しかも使い捨てとかいう物でもないですし、それなりの強度が必要です。色々な使用環境に耐えられるように職人が思いを込めて作り上げたメガネ、作り手の気持ちを少しでもお客様に伝えられるような販売員になりたいなと思いました。